補聴器について学ぼう

知っトク!便利な補聴器生活

補聴器の医療費控除の申請方法

補聴器の医療費控除の申請方法 「補聴器適合に関する診療情報提供書」を活用することで、その購入に対して医療費控除を受けられます。
ただし、申請に際しては利用する本人がまず相談医を受診し、必要な問診検査を行う必要があります。
また、その診察の際に相談した相談医に「補聴器適合に関する診療情報提供書」に必要事項を記入してもらい、その書類を受け取ります。
なお、提供書の「5」の補聴器を必要とする主な場面のところにある「医師による診察や治療を受けるために直接必要」の欄にチェックが入っているか必ず確認するようにしましょう。
この部分が控除を受けるための必須項目であり、論拠となるためです。
無事提供書の準備できたら、受け取った書類をもって店に行き、提供書を提出したうえで補聴器を購入します。
そして、その年の確定申告で医療費控除対象として購入した旨を申請すれば控除を受けられます。
その際、税務署から請求があった場合保存した提供書の写しと領収書を提出する義務が生じるのでそれら書類は必ず保存しておきましょう。

補聴器購入時における医療費控除適用について

補聴器購入時における医療費控除適用について 補聴器を購入するときには、医師からの指示があった場合のみ医療費控除として計上できます。
具体的には、耳鼻咽喉科の医師などで一般社団法人耳鼻咽喉科学会が認定した補聴器相談医による補聴器適合に関する診療情報提供書を発行しており、そこに診療等のために必要である旨を記載して証明している場合に、計上することが出来るものです。
ただし、この場合でも一般的な支出に相当する水準を超えない程度のものという条件が付されていて、あまりにも高額な場合には確定申告で計上したとしても、後日指摘される場合があるので注意を要します。
医師による医療、治療のために必要なための購入は他でも同様に扱いますが、高額すぎるものは本当に必要なのかどうかの妥当性を問われる可能性があるわけです。
なお、計上するに当たっては所得税の確定申告が必須であり、領主所の直接的な添付は必要なくなりましたが、5年間は保存する義務が課されていることにも注意が必要です。

新着情報

◎2020/7/2

無くしたり故障した場合
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「補聴器 費」
に関連するツイート
Twitter