補聴器について学ぼう

知っトク!便利な補聴器生活

補聴器で医療費控除の控除額はいくらぐらい?

補聴器で医療費控除の控除額はいくらぐらい? 補聴器の購入などによる医療費控除額は、申告をする人の所得税率によって異なります。
またその後計算される住民税額は、補聴器以外の医療費申告分も含めて10パーセントが減税となり、課税される仕組みです。
なお、住民税はこうした控除により所得割額が課税額以下になる場合もあり、その場合は均等割額だけの課税となることも起こりえます。
所得が一定額以下の場合には、その均等割額も課税されないこともあり、このときには住民税額は非課税です。
所得税に関しての控除額でも同様に、補聴器関係やその他の医療費分さらに基礎控除や障害者控除などで所得以下になった場合、課税されない非課税となることもあり得るため、人によって変わります。
このように一律でいくらぐらいになるのかはそれぞれの所得が異なることと、条件の違いがあるために一律ではいえないものです。
医療費については申告が必須であり、確定申告を行うことが重要となりますので注意を要します。

補聴器を購入して医療費控除を受けるときの控除額とは?

補聴器を購入して医療費控除を受けるときの控除額とは? 難聴になり補聴器が必要になった場合、医療費控除の対象になることがあります。
医療費控除の対象になるのか否かは、治療や矯正の必要性があると医師による判断が下された場合で、なんとなく聞こえが悪いので専門店で購入したなどの場合は控除の対象にならないケースが多いのです。
届を出せばすべてが認められるものではなく、確定申告のときには医療費の領収書をはじめ、病名や治療内容が記載されている医師からの診断書や処方箋を揃えておきます。
なお、補聴器は決して安いものではありませんので、控除額の金額も多くなると感じる人も多いのではないでしょうか。
補聴器に関係なく、医療費控除の控除額は、実際に支払った医療費の合計額から保険金などで補填される金額および10万円を差し引いた金額になります。
さらに、医療費控除の対象になる金額は最大200万円までになっているのが特徴です。
ちなみに、補聴器が医療費控除の対象になるのか否かは医師の診断によるもの、医師が補装具費支給意見書に必要事項を記入して貰えたときです。

新着情報

◎2020/8/19

高額医療費の対象になる?
の情報を更新しました。

◎2020/7/2

無くしたり故障した場合
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「補聴器 必要」
に関連するツイート
Twitter