補聴器について学ぼう

知っトク!便利な補聴器生活

耳が聴こえにくいと感じたらまず考えるのは補聴器を付けることであると思います。
しかし、値段が高めであると感じている方もいるかもしれません。
出来る限り個人的な負担を少なくするためにも、医療費控除が適用になる場合はそれを活用することをお勧めします。
その際に注意する点や控除額がどの程度なのかということや、その他のこれから購入しようとしている方の少しでも参考にして貰えれば良いと感じています。
まずはここで確認してみて下さい。

補聴器購入のお役立ち情報まとめ

補聴器購入のお役立ち情報まとめ これまで補聴器を購入する際に、少し耳が遠くなったと感じている方に対する補助と言うのはなく、障がい者に認定された方でなければ保険の適用にもなりません。
ですが近年は、医療費控除の対象になりました。
そうなることで住民税と所得税を安くすることが出来るようになりました。
しかし医療費控除の対象になったと言っても手続きをしなければなりません。
まずは補聴器相談医に相談して指示を仰ぎましょう。
補聴器相談医から書類を記入して貰いその用紙を受け取ります。
その後患者はその用紙を補聴器販売店に提出して物を購入します。
患者は提出した用紙の写しと領収書を受け取り確定申告をする。
というのが一連の流れです。
また補聴器は高額ですが、高額医療費の対象にはなりませんので注意してください。

補聴器を購入する前に知っておきたい医療費控除の対象とは?

補聴器を購入する前に知っておきたい医療費控除の対象とは? 補聴器は、10万円前後で購入できる製品から50~60万円の高価なものまで幅広くあります。
10万円前後でも経済的な負担は大きくなるわけですが、補聴器を使わなければ生活に支障をきたしてしまう場合は医療費控除を受けることができます。
控除の対象になるためにはいくつかの条件があるので、装着の必要性を感じたときのためにも覚えておくと良いでしょう。
最近耳の聞こえが悪くなり、自宅近くのお店に出かけて補聴器を購入した場合は医療費控除を受けることはできません。
しかし、最近耳の聞こえが悪くなり耳鼻咽喉科などの医療機関に出かけた、そこで担当医師が補聴器を必要とするなどの診断を行い、その上で販売店で購入したときには控除の対象になります。
また、どのくらいの金額が控除の対象になるのか気になる人も多いのではないでしょうか。
医療費控除は、「実際に支払った医療費の合計額」-「保険金で補填される金額」-「10万円」で求めることができますが、限度額は200万円です。
医療費の合計額には家族が使った通院時に支払った金額や処方薬の代金なども含まれるので、レシートをしっかりと集めておくことをおすすめします。
特に、医師により補聴器が必要と診断されたときには控除額も大きくなります。

もっと岡山の補聴器の情報を探すなら

岡山で補聴器をお探しなら

新着情報

◎2020/8/19

高額医療費の対象になる?
の情報を更新しました。

◎2020/7/2

無くしたり故障した場合
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「補聴器 医療」
に関連するツイート
Twitter